読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仏報ウォッチリスト

ここは仏教の最新情報、略して《仏報》の材料をとりあえず放りこんでおく倉庫です。

 お能「野守」

国立能楽堂お能「野守」を見ました。
春日野を舞台とする世阿弥作の鬼能。羽黒山の山伏が野守翁に由緒ありげな池の話を聞くのが前半。水面に姿を映す水鏡から展開して、後半は実際に鏡を持つ鬼神の登場。舞いながらこの春日野の地の下にある地獄と上にある天界を鏡に映して見せます。その詞章、
「……東方降三世明王もこの鏡に映り、または南西北方を写せば、八面玲瓏と明らかに、天を写せば、非想非々想天まで隈なく、さてまた大地をかがみ見れば、まづ地獄道、まづは地獄の有様を現はす一面八丈の浄玻璃の鏡となつて、罪の軽重罪人の呵責、打つや鉄丈の数々悉く見えたり……」
特別な舞台装置もないのに、言葉と所作でその世界を表現する、なんともダイナミックな演目でした。